ookumanekoのブログ

言葉を味わう。文学の楽しみ。

『メグレとパリの通り魔』

お題「好きなシリーズもの」

 

 

 

f:id:ookumaneko127:20201121090321j:image

 

 

 


閉塞的で変化の乏しい職場環境。

単調な仕事、無意味に見える作業。

それでも社会のためになる…かもしれない。


クリスマスのパリ。雨氷が窓を凍らせる。

電話交換台に詰め、黙々と働く三人の男。

夜勤明けはもうすぐだ。


三人の男の一人。

とりわけ地味で、独身のルクールは、今日も仲間に交代を頼まれ、

休憩もそこそこに再び勤務につかねばならない。

点滅する豆電球を見ながら。

閉塞的で変化の乏しい職場環境。

単調な仕事、無意味に見える作業…。

 

しかし、そこに思いもかけない展開が。

 

彼の何気ないいつもの行動が、未解決事件に光を当て、

一躍刻の人になろうとは!


いや〜、良かった。


ジョルジュ・シムノンが、メグレ警視シリーズが大好きになったこの一作。

凍った心が暖かくなる作品です。