ookumanekoのブログ

言葉を味わう 文学の楽しみ

うちの猫のはなし

お題「ペットを紹介します」

 

猫飼いの方。

猫風邪で苦しんでいる猫のいる方。

高齢猫を飼っている方。

などに向けて。


うちの14歳の猫、オクラちゃん。

ず〜っと猫風邪で苦しんでいました。

病院に行っていますが、いかんせん薬を一切飲みません。

どの猫でもそうでしょうが、うちの猫の場合、さらに性格が仇となっています。気難しく神経質。人嫌い。ワガママ。タカビー。
薬をご飯に入れると、やたらそういう時だけ察しが早く、全く食べなくなります。
無理やり押さえて、シリンジでの投薬も考えましたが、

爪切りでさえ大暴れするので論外です。

そんな感じで数ヶ月。
ずっと鼻風邪でグズグズが続いていました。
鼻が効かないので、ご飯も残し気味。体重も減ってきてしまいました。

投薬を受け付けないので、2〜3週に一回、病院で点滴で抗生剤を投与して貰っています。
しかし、大人しく処置をさせるはずも無く。
嫌がって怒ってギャン鳴きです。
家に帰り着くと同時に、(鳴いたせいで)朝食べたものを盛大に戻します。
本人も飼い主も辛い、財布にも厳しい。

 

そんな時、何かで『ネブライザー』のことを知りました。
鼻風邪がひどいオクラちゃんに、鼻から蒸気状の薬剤を吸わせる。

 

www.youkoudai-pet.com

 


こりゃ良いや、家でもできる!と早速獣医さんに問い合せました。
ところが
「うちではやってません」
何かの間違いだろうと思い、
近辺の動物病院何件かに電話しましたが、
全ての病院がネブライザー処置をやっていませんでした。

万策尽きたか!

 

このやり取りを聞いていた娘がひと言。
「加湿器をやってみれば?」

 

長くなってしまいましたが、

なんとこの、人間用の加湿器が効きました。入れているのは、ただの水道水です。

ムスメが、加湿器の蒸気が猫の顔に当たるように、プラコップでアタッチメントを作りました。

すると
気持ちが良いらしく、ずっとそこにいます。

一ヶ月ほど経って、徐々に猫の食欲が戻ってきました。

 


同様の症状でお困りの猫さんに、参考になればと思います。

 

 

 

 

今後ともなお一層の奮闘努力を怠りなく



 

 

 

 

 

 

 

 

運慶展行って来ました

 

お題「気分転換」

 

 

 

 

 

 

展示会場の《金沢文庫

武士が作った最古の図書館。

残忍なイメージのある武家一族から、突然変異で文学青年が現れ、北条氏は滅亡しても、この金沢文庫は現代まで残り、

訪れる人に叡智の一端を授けている。

そう思うと感慨深いですね。

 

 

www.planet.pref.kanagawa.jp

 

 

 

 

ところで数年前、渋谷の松濤美術館でこのような展示がありました。

 

shoto-museum.jp

 

この展示は大変興味深いものであり、展示品の中には、

貸し出された金沢文庫の収蔵品もありました。

そこで、

「同じ展示をやってほしい」と金沢文庫の意見箱に投書したのでした。

 

美術、文学、歴史。これらは切っても切れない関連性があると思ったのです。

 

それが叶ったのかどうか?わかりませんが、

 

www.yokosuka-moa.jp

 

 

今回の『運慶展』は、横須賀美術館との巡回展だったそうで。見逃してしまって、悔しい反面、

何だか嬉しく思いました。

 

 

 

 

ついでにいつもの場所も散策。

 

 

f:id:ookumaneko127:20221111184346j:image


f:id:ookumaneko127:20221111184336j:image


f:id:ookumaneko127:20221111184343j:image


f:id:ookumaneko127:20221111184413j:image


f:id:ookumaneko127:20221111184350j:image



 

しばらく行かないうちに、すっかり秋が深まっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おみおくりの作法

お題「邦画でも洋画でもアニメでも、泣けた!というレベルではなく、号泣した映画を教えてください。」

 

『STILL LIFE』(コメディ)(邦題 おみおくりの作法)

 



 

 

物語はシニカルなコメディタッチで、粛々と進みます。

 

エディ・マーサンの抑えた演技がいい。

 

最後に思いもかけない展開が!

 

大号泣間違いなしの映画。

 

 

 

 

 

youtu.be

 

葬送が主題なので苦手な方はご注意ください

 

 

 

 

 

 

素敵なミニシアター

cinema-amigo.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

M乳業のおじさんがピンポンと来て

お題「我が家のここが好き」



「ちょっと飲んでみて」

数日前、試飲用を五本ばかり置いていきました。

どうしよう?取りたくないな。

(不在のことが多くなるし、ねこじさんはウルサいし)

でもこんなに試飲用もらっちゃったら、断りにくい。

牛乳がダメな体質だから断ろうと思っていたら、ミイシャが全部飲んでしまいました。

 

で昨日、M乳業のおじさんがまたやって来ました。

「どうですか?」

「え〜と、牛乳がダメな体質で、特に冷たいのが」

「このタイプはお腹がゴロゴロしないよ。飲んでみた?」

「そ、それは、ムスメが……」

と言うやりとりをして、結局取ることになりました。笑


これを、在宅勤務で聞いていたねこじさん。
おじさんが帰った後、
「ムダだよ〜!」

と、またいつものが始まりました。

M乳業の方向から来たニセ業者では?
ヤクルト買った方が安いんじゃね?

ムダだよ〜!

 

いつものことですが、ネガティブなことを並べ立てて、こちらのモチュベーションを落としにかかります。

で、言うだけ言って、部屋に戻ったねこじさん。

真っ暗。
カチカチカチ!
何度スイッチを入れても部屋の電気が点きません。
真闇。

あはは、バチが当たった。


今日は部屋が真っ暗で仕事ができないので、
出社しています。


やっぱ、神様って居るんだ。
モラハラねこじを懲らしめてくれた。

とミイシャと笑い合ったのでした。

はー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クセのある俳優ばかり好きになる

お題「ゆっくり見たい映画」

アラン・リックマンが亡くなって、わたしは初めて、

スネイプ先生が好きな俳優だったことに気がついた。

 

 

     迂闊なことこの上なし

 

 

 

そして

 

 



 

Point Break

 

『ハート・ブルー』

 

パトリック・スウェイジのために作られたような、

ファン垂涎の映画。

 

〈あらすじ〉ネタバレあり

銀行強盗団を追う若き刑事。

彼は潜入捜査のためサーファーに成りすまし、

強盗団に近付くのだが……。

強盗団の首領(パトリック)は、何故か自分を追

い詰めようとする刑事を泳がせ、側に置こうとする。

それは、「危険なゲームを究極まで楽しむ」 

常軌を逸した彼の生き様がそうさせる。

そして刑事もそんな彼に惹かれて行くのだった。

 

映画の原題『ポイントブレイク』は波が割れる。と言うサーフィン用語だそうで。

 

強盗団の首領は、刑事の眼前で、大波に挑戦しようと、台風で荒れ狂う海に消えて行くのだった。

 

パトリックのストイックな生き様と重なる。(と勝手に妄想 笑)

 

 

 

ご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菊花を食す

お題「昨日食べたもの」

 

義父の実家から菊の花が送られてきました。

食用菊です。

私の田舎でも、子どもの頃、秋になると良く食卓に登りました。
ただ、酢醤油で出されたせいか?あまり美味しいとは思いませんでした。

この菊花は、だし醤油で頂きます。
これが美味しかった。この薄紫の菊の花、
食べると、ほんのりと芳香があります。

古の重陽節句では、菊の花を酒に浮かべて嗜んだそうですが、関係は不明です。

食で秋を感じる、懐かしい一品でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ja.m.wikipedia.org

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

血の塊(閲覧注意)

洗濯物を取り込んでいて、一枚の手拭いが悲惨なことになっているのに気がつきました。

まるで臓物のような赤い塊が、白い手ぬぐいの真ん中に落ちていて、

点々と血痕が飛び散っている、ように見えます。

上から落ちてきたようですが、鳥が落とした?

上に住んでいるのは、義両親と叔母たち。

生ゴミが落ちてきた?

以前の義母なら新鮮な鯵を、あっという間にさばいて叩きにしていたので、

調理の過程で、臓物の一つや二つ出ていました。

その生ゴミを捨てる時に、うちの洗濯物に誤って落っことしたのでしょうか?

しかし、魚を捌くことなど、今の義母には到底無理。


気持ち悪いなと思いながら、血の塊をラップで剥ぎ取り、
(これがネットリと張り付いてなかなか取れない)
次の生ゴミの排出日まで、冷凍庫に入れておくことにし、
手ぬぐいはゴミ箱に捨てました。

最近家族に「ママは妄想癖の虚言症!」と、何かと怒られるので、ねこじさんにも
「赤い塊が落ちていた」とだけ伝えました。

ねこじさんは「夢でも見たんじゃね?」(いつも通りのリアクション 笑)

ところが、その後、

一階の自分のバイクにも、ベッタリと血の塊が付いていたことを発見し、気味悪がっていました。

 


この話には、落ちは無しです。
未だに何だったのか分かりません。

烏が吐き出した物なのか?
義母が落とした生ゴミか?
はたまた
私は義母や叔母たちに嫌われていて、
憎しみの念が『血の塊』となって現れた物なのか?

謎です。

 

 

 

 

Flood G.          Halloween inspired